テレビ東京ドラマ25「サ道」出演者インタビューバトンリレーvol.3 ナカタアツロウ役、原田泰造氏

サウナ愛好家にとってバイブルといわれている漫画「サ道」が、7月19日(深夜0:52)よりスタート。そこで毎週にわたり、インタビューバトンリレーと題し出演者へのサウナタイム独占インタビューをお届けする。第三回目は、サ道の主人公であるナカタアツロウ役の原田泰造氏。東京都内はもちろん、全国のサウナに詳しい原田泰造氏にオススメのサウナとサ道のみどころを語ってもらった。

水風呂に入れるようになったことがサウナを好きになったきっかけ

- サウナーけた どうぞよろしくお願いします。

- 原田泰造 「よろしくお願いします。」

原田泰造さんはプライベートでも大のサウナ好きと伺っております。サウナを好きになったきっかけをぜひ教えていただけますでしょうか。

- 原田泰造 「あれはたしか20歳くらいのときかな……。東京の久米川にあるサウナ施設に行ったんですよ。そこで初めて水風呂に入れるようになったんです。そこでは水風呂に飛び込むオジさんたちがたくさんいて、本当に気持ち良さそうだったんですよ。それをみて、自分も入ってみようと思いました。そこからですね、サウナを好きになったのは」

水風呂に入れるようになるとサウナって本当に気持ちよくなりますよね。

- 原田泰造 「当時はマナーにうるさいオジさんたちがたくさんいたんですよ。サウナ室のドアを開けっ放しにしていると、「閉めろ!!」と怒鳴られたこともありました。今では考えられないことかもしれないですけどね……。でもそういうおかげでマナーをきちんと学ぶことができたんです」

昔は、銭湯はマナーや思いやりを学ぶひとつの場でもありましたね。今はどれくらいの頻度でサウナに行ってらっしゃるんですか?

- 原田泰造 「頻度でいくと毎日ですね。三宅弘城さんともよく会います」

オススメは 湯らっくす庭の湯ウェルビー栄

原田さんから見て、ここは良かった!!というオススメのサウナ施設はありますか?

- 原田泰造 「いっぱいありますよ〜。まずは熊本の湯らっくす。あそこはすごいねぇ〜。ものすごい良かったです」

湯らっくすは本当に名店ですね。湯らっくすの西生社長がサウナのことが大好きで、とても愛を感じます

- 原田泰造 「ぼくも西生社長と面識があって。とても素敵な方ですよね。西生社長に都内のオススメのサウナを聞いてみたんですよ。そうしたら豊島園の庭の湯を勧められて。なのでさっそく行ってみたんです。そしたら庭の湯もものすごく良かった」

あの開放的な雰囲気。外気浴とか最高ですよね。

- 原田泰造 「そうそう!庭もすごく綺麗で楽しめて。軟水でまろやかな湯あたりで。あと、名古屋のウェルビーも大好きです」

ウェルビーはぼくも大好きです!!どちらのウェルビーに行かれたんですか?

- 原田泰造 「ウェルビー栄ですね。あそこはなんだか他のサウナ室とちょっと違う感じがして。神聖なサウナ室って感じですよね。」

アイスサウナの水風呂って入られました?2℃くらいの。

- 原田泰造 「入った!!10秒くらいしか入れなかったけど。あそこの水風呂入れたら、もうどこの水風呂も入れるって思えるよね」

都内のオススメサウナ施設はまだまだある

- 原田泰造 「まだまだ語りたいサウナがたくさんあるんですよ。都内だと、 錦糸町のニューウイング は良いですね。あそこは 吉田支配人 が本当に素敵です。以前ニューウイングに行って、せっかくだから吉田支配人に挨拶しようと思ったら、普通にサウナに入ってましたからね」

吉田支配人は本当にサウナがお好きで、サウナのイベントにもよく来てくださるんですよ。ぼくも大好きです。

- 原田泰造 「吉田支配人が、「いまウィスキングの練習を若いメンバーがしているから受けてあげてください」って勧められたんです。なので実際にウィスキングをしてもらいました。すごい気持ちよかったですよ」

ウィスキングもどんどん広まってほしいですね。

- 原田泰造 「あとは笹塚の マルシンスパ もいいね。あそこ、 マグ万平 のおかげで今すごい人気だよね。こないだ夜中の3時くらいにマルシン行ったら、そこにマグ万平がいたんですよ。そしたら「今からアウフグースやりますけど受けますか?」って。夜中の3時にアウフグースやってもらったよ。その時間でも結構お客さんいたなぁ」

羨ましい!マグ万平さんのアウフグースは独特な感じがして大好きです。

- 原田泰造 「あとは 北欧 。ここは大好き。北欧のカレーは本当に美味しいね」

わかります!ここに来ると必ず北欧カレーを食べます!

- 原田泰造ゆ家 和ごころ 吉の湯 も大好きだな。三宅弘城さんもあそこ好きだよね。よく三宅さんとも吉の湯で会いますよ」

三宅さん、前回のインタビュー でもお好きとおっしゃってました。いやぁ、サウナーの輪は広がりますね。

サウナの基本は「マナー良く」

サウナの入り方にこだわりやルーティンなどあるんですか?

- 原田泰造 「キレイにキレイにマナーよく。これが基本ですね」

いやぁ、素敵ですね。どんなこだわりよりもそこがまず基本ですもんね。 以前のインタビューで磯村勇斗さん も、とてもマナーにこだわってらっしゃいました。

- 原田泰造 「 磯村くん はマナー良さそうだね!キレイに体洗ってから入ってそう。こないだサウナに行った時、体と頭をキレイに洗って、体の水気をきちんと拭いてからサウナ室に入ったんだよ。そしてそのあとかけ湯して水風呂入って、ゆっくり休憩してたんだよね。そしたら、知らないオジさんが体も洗わずにサウナに入って、しばらくしたら汗まみれのままサウナ室から出てきてそのまま水風呂に飛び込んだんだよね」

ええぇぇ〜〜……。いわゆる 汗流しカット ですね……。絶対やってはいけないやつ……。

- 原田泰造 「もうずっとそのオジさんに熱視線を送ってたよ……。マナーはきちんと守らないとね」

ドラマ「サ道」のととのったシーンは見もの

最後に、「サ道」のみどころを教えていただけますか?

- 原田泰造 「それがねぇ……、みどころがねぇ、無いんだよなぁ」

ええッ!?

- 原田泰造 「すごい、まったりとした、サウナを表したドラマだから。これがみどころというより、観ていてただ大満足。映像といい、音楽といい、話の運びといい、本当にまったりとしたサウナのようなドラマ。サ道はサウナの中で観たいね。サ道を観たらサウナに行きたくなるし、それにサウナにキレイに入りたくなるよ。あとはサウナ室や水風呂のシーンの音に注目してほしいね。サウナ室のゴーッというストーブの音や、水風呂のブクブクしたバイブラの音とか。サウナを五感で楽しめる感じがするね」

おお……、それは今からものすごい楽しみです。

- 原田泰造 「あとは、サウナに入ってととのったときのシーン。これは見ものだよ。もうととのうってあんな感じなんだな、ってイメージになると思う。ぜひ放送日を楽しみにしてください」

全国のサウナに詳しい原田泰造さんとのインタビューは、まさにサウナ談義そのもの。とても楽しいインタビューだった。ドラマで注目すべきは「音」そして「ととのったシーン」。これは放送が待ちきれない!! サ道 放送まであと少し。次回のインタビューバトンリレーもぜひお楽しみに!!

(※取材協力サウナ施設)
施設名 サウナ&カプセルホテル北欧
営業時間

月曜日: 24 時間営業
火曜日: 24 時間営業
水曜日: 24 時間営業
木曜日: 24 時間営業
金曜日: 24 時間営業
土曜日: 24 時間営業
日曜日: 24 時間営業

住所 〒110-0005 東京都台東区上野7丁目2−2−16
料金
  • プラザタイム : 2,100円
  • モーニングタイム(5:00~10:00in 2:00out) : 1,600円
  • ナイトタイム(23:00in 10:00out) : 3,200円
  • カプセルホテル1泊 : 4,200円
  • 日曜祝日限定カプセル一泊 : 3,500円
TEL 03-3845-8000
最寄駅 上野駅
URL http://www.saunahokuou.com/
最初のすべての
口コミ情報の投稿者
ゆき さん
(※料金に飲食代は含まず)